レーザとレーザ応用システムの総合メーカー:ネオアーク株式会社English

レーザ(Laser)とは

レーザ(Laser)とは

レーザ(Laser)とは、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(光の誘導放出による増幅)の頭文字を取った言葉です。
レーザは、指向性(細いビームが一直線に進む)、コヒーレンス(干渉する)、単色性(波長幅が狭い)を特長とする光です。レーザの持つ高いコヒーレンスを利用してレーザビームを非常に小さく収束させたり、単色光であるレーザ波長を一定にして、ものさしとして利用したりすることが可能です。

レーザは人工的に作られるレーザ共振器によって得られます。典型的なレーザ共振器は向かい合った2枚のレーザミラーとレーザ媒質(利得媒質)からなります。
レーザ媒質を励起すると、増幅が吸収を上回る反転分布が作られます。光が2枚のレーザミラーの間にあるレーザ媒質中を往復すると、誘導放出により光が増幅されます。

また、レーザ共振器には3枚以上のレーザミラーで構成されるリングレーザ共振器、レーザミラーのない導波路型ファイバリングレーザ共振器などがあります。
レーザ光は透過率を持つレーザミラーによって、共振器の外部へ取り出されます。

HP3810231_Pic1

発振する波長帯はレーザミラーの特性とレーザ媒質によって決まり、狭い発振波長帯に保たれます。

波長帯

波長帯

レーザはレーザ媒質の種類により、固体レーザ、気体レーザ、半導体レーザ、液体レーザに分類されます。

その他にも、ファイバレーザ、自由電子レーザなどがあります。

レーザの波長は紫外から赤外まであり、波長域によってそれぞれ紫外レーザ、可視レーザ、近赤外レーザ、赤外レーザと呼ばれます。

お気軽にお問い合わせください。 営業部:03-6379-5539
大阪支店:06-6271-5123
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
© NEOARK Corporation All Rights Reserved.