レーザとレーザ応用システムの総合メーカー:ネオアーク株式会社English

レーザドップラ振動計

グリーンレーザ振動計

vms-1000

■製品特長
・非接触、非破壊にて振動計測が可能
・高感度、低価格
・小型軽量で簡単な操作
・低消費電力
・豊富なオプションに対応

■主なアプリケーション
・マイクロマシンの振動解析
・構造物の振動解析
・電子デバイスの振動解析
・圧電アクチュエータの振動解析
・回転体の振動解析

光ヘテロダイン微小振動測定装置

MLD-221_02
■製品特長
・非接触、非破壊にて振動計測が可能
・縦振動(面外振動)と横振動(面内振動)を切り替えて測定可能
・高い空間分解能
・光源に自社製He-Neレーザを使用
・1~1.5MHz(オプションにより10MHzまで)の振動測定が可能
・コンピュータと組み合わせる事で振動の可視化に対応

■主なアプリケーション
・マイクロマシンの振動解析
・構造物の振動解析
・電子デバイスの振動解析
・圧電アクチュエータの振動解析
・回転体の振動解析

面外顕微鏡型グリーンレーザ振動計

vms-400

■製品特長
・非接触、非破壊にて振動計測が可能
・グリーンレーザ振動計の顕微鏡モデル
・高感度、低価格
・小型軽量で簡単な操作
・低消費電力
・豊富なオプションに対応

■主なアプリケーション
・マイクロマシンの振動解析
・構造物の振動解析
・電子デバイスの振動解析
・圧電アクチュエータの振動解析
・回転体の振動解析

光ヘテロダイン微小振動測定装置

mld-103

■製品特長
・MLD-221の高周波対応モデル
・1k~200MHzの振動測定が可能

■主なアプリケーション
・マイクロマシンの振動解析
・構造物の振動解析
・電子デバイスの振動解析
・圧電アクチュエータの振動解析
・水晶振動子の振動解析
・SAWデバイスの振動モードの解析

光ヘテロダイン微小振動測定装置

MLD-221_02

■製品特長
・MLD-221の縦振動/横振動同時測定モデル
・縦振動(面外振動)と横振動(面内振動)が同時に測定可能

■主なアプリケーション
・マイクロマシンの振動解析
・構造物の振動解析
・電子デバイスの振動解析
・圧電アクチュエータの振動解析
・回転体の振動解析

開発中 極細ファイバー振動計

■概要
光ヘテロダインによる振動計を本体に持ち、その検出部にファイバープローブを使用しています
ファイバープローブは計測光用、観察用、照明用の3種類のファイバーを束ねることで多機能プローブとしています
■仕様
◦測定光波長:633nm
◦ファイバープローブ外径:Φ3mm
◦測定周波数:10Hz~300kHz

振動計測ソフトウェア

mld-cat

お気軽にお問い合わせください。 営業部:03-6379-5539
大阪支店:06-6271-5123
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
© NEOARK Corporation All Rights Reserved.