レーザとレーザ応用システムの総合メーカー:ネオアーク株式会社English

近赤外フォトダイオード 微小領域評価ユニット

  • HOME »
  • 製品案内 »
  • 近赤外フォトダイオード 微小領域評価ユニット

概要特徴構成ブロック図各ユニット

概要

中心波長2μm、1.55μm各々のレーザ光を落射集光することを可能にするための光学ユニットです。
対物レボルバを組み込みワンタッチで対物レンズを切り変えることが可能です。

特徴

※近赤外レーザと可視光レーザ(ライトガイド)を同軸にしたファイバーを鏡筒へ挿入することで近赤外の照射位置の確認ができる。
※マッピング
※従来の評価装置にはない。

構成

・IR対物レンズ
・IR用ハーフミラー
・専用鏡筒
・ライトガイドカップラー
・レボルバー
・TVカメラ

ブロック図

各ユニット

波長切替ユニット

リボルバ

光ファイバカプラ

お気軽にお問い合わせください。 営業部:03-6379-5539
大阪支店:06-6271-5123
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
© NEOARK Corporation All Rights Reserved.